忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.11.18‖
拍手ログ。
遥時。友雅×藤姫。
お題:福寿草
(お題配布元:starry-tales



 第一印象は幼いな、というものだった。
 嵐の夜、雷に怯える年相応の少女だと、そう思った。
 しかし星の姫として、神子に仕える従者として、毅然とあろうとする姿は大人びて見えて、少しばかり背伸びをしすぎではないかと心配になった。
 本来なら、土御門の姫として何の不足もなく生きていけただろう。
 その血に星の一族のものが混じっていると、ただそれだけで幼い姫は虚勢を張ってみせる。
 だからだろうか。
 彼女を泣かせてみたい、などと不埒な気持ちを抱いてしまったのは。
 龍神の神子の不在を狙って星の姫を訪ねれば、八葉の任を軽んじていると膨れてみせて。
 自分の前でだけ見せるその顔に、ひどく満足感を覚えた。
「さて、そうは言ってもね」
 扇の下で笑ってみせれば、ますます彼女は顔を赤くして怒ってみせる。
 その怒りの何と心地いいことか。
 怒られてそんなふうに感じるとは、悪趣味だとは理解していたけれど。
「私は星の姫が気になって仕方がなかったのだよ」
 龍神の神子よりも、八葉の任よりも、帝の警護よりも、何よりも君のことが。
 続けて言えば、今度は違う意味で顔を赤くする。
 その様に言い知れぬ征服欲を覚えて、わずかに口角を上げてみせた。
PR



2008.04.17‖その他
← 追いかけた思い出 咲き誇る幸福 →


金色のコルダ中心二次創作サイト

top
text
├ コルダ
│├ 土浦×冬海
│├ 金澤×日野
│└ その他
├ コルダ3
│├ NL・ALL
│└ BL
TAKUYO
その他
tresure




Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]