忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.23‖
 文庫/68P/¥500/2007.11.03発行



 土浦は学校の練習室など、ほとんど使わない。
 ピアノ教室である実家は完全防音で、宛がわれたピアノの調律も鍵盤の重さも自分好みに設定してある。実際、学校にあるピアノの鍵盤は軽くてかなわない。そんな諸々の理由で、練習室など使うことがないのだ。
 本当に偶然、練習室の予約表などというものが目に入り、そこに空きを発見したから練習室を使おうと思ったにすぎない。たまには違うピアノにも触れないと、勘が鈍る。
 だから練習室へ続く廊下を歩く土浦の耳に、その音が届いたのは、偶然と呼ぶほかなかった。
(―――クラリネット?)
 ひどく耳に心地いい音だと思った。
 同時にこんな風にクラリネットを吹く生徒が、果たしていたのだろうかとも考える。
 コンクールに選ばれたクラリネット奏者は、もっと硬い音をしていた。クラリネットという楽器の丸い音が台無しだと思ったのだ。ピアノ以外は門外漢だが、耳はいいと自負している。土浦は飛び入りをすることになったコンクールで、日野以前に演奏した参加者たちの音をはっきりと覚えていた。
 志水の演奏は正確無比でとにかく巧い。火原の音は性格のまま明朗で溌剌として、スケールが大きい。柚木はあの優雅さと華やかさが、確固たる技術の上に繰り広げられている。
 コンクールに選ばれるだけはある、と観客席で聞いていた。
 しかし、あのクラリネット奏者。
(冬海、って言ったか?)
 クラリネットを持って舞台に現れたのは、小柄で細く、いかにも線の細い風情の少女だった。淡い色のバルーンスカートに、フリルのついたヘッドドレス。
 一目で苦手なタイプだと感じた。
 彼女は緊張に青ざめて、観衆を見た。一礼して、そしてクラリネットを吹くその瞬間まで、多分あの指は震えていた。
 そこから紡ぎだされた音は硬質で、クラリネットの長所を潰しているではないかと憤りを感じたのだ。忘れるはずがない。
PR



2007.11.03‖offline
← For the First time 表紙絵 ナイ亜貴 →


金色のコルダ中心二次創作サイト

top
text
├ コルダ
│├ 土浦×冬海
│├ 金澤×日野
│└ その他
├ コルダ3
│├ NL・ALL
│└ BL
TAKUYO
その他
tresure




Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]