忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.23‖
日野さんと冬海ちゃん



「ねーねー、冬海ちゃん。これなんかどう?」
「え? あ…、え、えと……」
 日野にぴらりと見せられたのは、布地のほとんどない水着だった。
「え、あ…! せ、せんぱい、それは……」
「冬海ちゃん、細いし絶対似合うって!」
 そう言われて、ぐいっと日野に腕を引かれる。鏡の前に連れて行かれて、驚いているうちに水着を身体にあてがわれた。
 薄い黄色のストライプに、ピンク色のフリルがついている。それはかわいいのだが、完全なビキニタイプだ。布地は本当にすくなくて、少しでもずれたらまずいのではないかというほどだ。
「うーん、実際に着てみないとわかんないなぁ」
 矯めつ眇めつしていた日野は首をかしげて、にこりと笑う。
「着てみてよ、冬海ちゃん! 私も試着したいし。ね?」
 大好きな日野に押され気味になりつつもお願いされて、笙子は思わずうなずいてしまった。手に日野が選んだ水着をおしつけられて、日野も自分が選んだ水着を手に、笙子の肩を押す。
 試着室にそのまま連れ込まれて、カーテンを引かれた。狭い空間にふたりきりになって、笙子はわたわたと慌てる。
「え? あ、あの、日野先輩?」
「ん?」
 日野はさっさと自分の服に手をかけている。同性だけれども、どきどきして笙子は水着をぎゅっと握りしめた。
「だって、ここから出るのは恥ずかしいでしょ? 冬海ちゃんとならいいかなぁって思って…。だめだった?」
 尋ねられて、またしても冬海は反射的に首を振っていた。
「よかった! それね、冬海ちゃんに絶対似合うと思うの」
 日野ににっこりと笑顔を浮かべて言われ、笙子は恥ずかしさを押し殺しながら服のボタンに手をかけた。



押せ押せな日野さん。
多分、何かの絵チャのときに書いたんだと思います。いつだったのかはさっぱり覚えていない…。
PR



2011.05.10‖コルダ:その他
← ほんとうのことば frequency →


金色のコルダ中心二次創作サイト

top
text
├ コルダ
│├ 土浦×冬海
│├ 金澤×日野
│└ その他
├ コルダ3
│├ NL・ALL
│└ BL
TAKUYO
その他
tresure




Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]