忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.23‖
拍手ログ。
乃凪×亜貴。
お題:恋*5題 02
(お題配布元:桜雨 -Rain of Pink-



 どうしよう、というのが亜貴の率直な思いだった。
 乃凪は優しい。それは元から彼に備わっている資質で、だから亜貴は乃凪になりたいとさえ思った。
 だから今さら、それによって困ることなどないはずだった。
 けれど、それは亜貴の心をかき乱した。
 柔らかな声も、穏やかな微笑みも、乃凪が持っている空気すら、亜貴を困惑させた。
 亜貴が好きなのは従兄の内沼で、乃凪ではない。それが揺らぎ始めたのは、あの図書室での告白からだった。
 あの声も、笑顔も亜貴を惑わせる。それが向けられるのは、亜貴だけではないと知っていても揺らぐ。
 そばにいてくれる乃凪の優しさに甘えているだけではないのかと、最初は思った。
 けれど、あるとき気づいたのは、その優しさを独占したいという浅ましい願いだった。
 そこにいたって、はじめて亜貴は自覚したのだ。
 まだはじめていない関係をはじめるためには、言葉が必要だった。
 乃凪を目の前にして、亜貴は息を吸った。
「どうしたの、依藤さん?」
 怪訝そうに振り返ってくる乃凪に、精一杯の気持ちをこめて。
 亜貴は、その一言を口にした。
 ようやく、ここから。
「先輩が、好きです」
 驚きに目を瞠る乃凪に、亜貴は頬を高潮させたまま微笑んで、答えを待った。
PR



2007.12.14‖TAKUYO
← 乃凪×亜貴 身長差 →


金色のコルダ中心二次創作サイト

top
text
├ コルダ
│├ 土浦×冬海
│├ 金澤×日野
│└ その他
├ コルダ3
│├ NL・ALL
│└ BL
TAKUYO
その他
tresure




Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]